消費者(地)が生産者(地)をサポート支援するCSA(Niseko style)の構築推進

我が国では、農家の高齢化が進み、農業に多様な人材の参加が求めら れています。こうしたなか、産消が連携し、多様な人材の参加によっ て 実 現 さ れ る 新 た な 農 業 の モ デ ル と し て 、 C S A ( Community Supported Agriculture)が注目されています。 CSAは、農家と消費者が連携し、前払いによる農産物の契約を通 じて相互に支え合う仕組みです。CSAはアメリカで 1980 年代に最初 に始まったとされ、現在では欧米を中心に世界的な拡がりをみせてい ます。CSAは農作業や出荷作業などの農場運営に消費者が参加する 特徴をもち、農家と消費者が経営リスクを共有し、信頼に基づく対等 な関係によって成立します。CSAはコミュニティ形成や有機農業の 振興など、地域への多様な効果をもたらす新たな農業モデルとして注 目されます。 
我が国では、農業者の高齢化が進み、農業の新たな担い手や支援者とし て都市住民を含めた多様な人材の参加が求められています。多様な人材の 参加によって実現される新たな農業の形態として、CSA(Community Supported Agriculture)が注目されています。CSAは、生産者と消費者 が連携し、前払いによる農産物の契約を通じて相互に支え合う仕組みで す。CSAは、生産者と消費者が直接契約し、野菜セットを定期購入する 点では、1970 年代以降に有機農業運動として日本で広まった産消提携と近 いコンセプトを持ちます。しかし、CSAでは、消費者が野菜セットの代 金を1年あるいは半年といった単位で前払いすることや、援農など農場運 営に積極的に関与する点に大きな特徴があります。 CSAの代金前払いは、天候不順による不作のリスクを、消費者と農家 の双方が共有することを意味しています。農家からすれば、収量が減少し たとしても、定額の収入が確保され、安定した経営のもとで農業に従事で きます。一方、消費者は、顔が見える関係のなかで、年間を通じて安全で 質の高い農産物を入手することができます。CSAは、地域の消費者と農 家が相互に支え合う仕組みといえるでしょう。 このようなCSAがもつコンセプトは、従来であれば消費者のままであ った多様な人材を、農業の担い手あるいは支援者へと導き、消費者参加型 の農業へと展開する期待をもたせてくれます。同時に、地域の消費者間の コミュニティ機能の増進や、農地保全といった地域に及ぼす様々な効果の 発揮にもつながると考えられます。